特定非営利活動法人ウィズについて

特定非営利活動法人ウィズは、とちぎコープ生活協同組合で理事などの役員を経験した有志が中心となって、その在任中に出会った「くらしの声」と、そこで培ったさまざまな経験や能力を生かし、なにか社会に役立ちたいという思いで立ち上げた団体です。

近年の少子化、高齢化、核家族化などによる世帯構成の変化、インターネットの普及などにより、社会は個人化が進み、世代間の交流を含め、地域における人と人のつながりがますます希薄化しています。
私たちは、これまでに数多くのつながりの場で企画運営に携わり、子どもから高齢者まで幅広い世代の人々のくらしに触れる中で、つながりの場の必要性を強く感じてきました。また他方では、近い将来の労働人口の減少が懸念され、女性のさらなる社会進出が望まれる一方で、さまざまな場で培った経験や潜在的な能力を備えていても、現在の社会の仕組みの中では年齢や性別などの見えない壁に阻まれ、それを生かす場を得、自立につなげられる場がまだまだ少ないという現状があります。

これまで私たちは、さまざまなつながりの場づくりに携わった経験を生かして、子育てサロンの運営を行う一方、パソコン技術などの能力を生かし、団体の機関誌や情報紙など、組織と会員をつなぐ各種広報のありかたに考慮した紙面制作の支援等の活動を行ってきました。今後も地域の人々へのインターネット指導等の情報化支援を通してくらしの広がりを応援するなど、さまざまなことができうると考えます。

私たちは、これまでの実績を基にした「仕事おこし」を起点として、温かいつながりの場づくりを積極的に広げ、人々が明るく穏やかに暮らせる地域社会づくりを目指すとともに、さまざまな潜在的能力を持つ人々に、その能力を生かせる場を開拓し提供することで、活気ある人づくりと経済的にも自立した自己の実現を促すとともに、その事業を通して地域の人々のくらしやさまざまな団体、個人の活動の活性化に貢献していきたいと考えています。

現在行っている活動の継続と今後さらなる活動を広げていくには法人格を必要とするため、特定非営利活動法人ウィズを設立することとしました。

【設立趣意書】 【定款】 【設立に至るまでの経過】 はこちらから

高齢者の居場所とくらしの応援事業

個人や団体の活動支援で仕事おこし

スキルを生かした仕事おこしの場として個人や団体の活動をお手伝いする事業を行っています。

自分のスキルを生かして社会で役立ちたい、また業務委託のご相談など、お気軽にお問い合わせください。

団体の基礎情報