ベビーマッサージ

「ベビーマッサージは、マッサージを通して『親子の絆を深める』 現代の育児法の一つです。 もともと新生児集中治療室(NICU)に入院した、未熟児ケアとして採り入れられたものだそうです。
NICUでは誕生直後から母子が引き離されるために、赤ちゃんが笑わなかったり、退院後母親が育児不安になったりするのをなくす為に、両親(特に母親)が赤ちゃんの目を見つめて語りながら、ゆっくり圧をかけて触っていくことを薦めたそうです。実際に、アメリカ・マイアミア大の研究では、タッチケアによって赤ちゃんの体重増加、ストレスホルモンの減少、母子の愛着形成の促進などの効果が立証されているようです。そして、こんにちでは母親や父親が子供と向き合う時間を取ることで、信頼関係を結ぶのに大変役立つという点でも今もっとも注目されています。

ふれあいながらお互いを感じ確かめ合い、そして信頼関係を築く事で赤ちゃんの成長に欠かせない根本的な根っこの部分を作っていきます。 言葉では伝わりきれない、人間本来の本能の部分で最大限に感じる事を学んでいきます。
ふれあい感じていくうちにお互いが分かりあえるようになり、健康状態や感情などがだんだん伝わるようにもなってきて、心にも余裕がうまれてくるようになってきます。

このようにして、コミュニケーションを深め絆を育んでいきます。 お母さんが笑顔で優しく話しかけながらふれあうことで、 子供さんに安心感を与え、情諸が安定して コミュニケーション能力がついてきます。
また 便通を整え、免疫力や抵抗力を高める効果もあります。 ママにとっては、赤ちゃんの体調などわかるようになり、女性ホルモンが増えるそうです。

ベビーマッサージを体験された方からこんな声が届いています

  • 便秘が良くなりよかった。
  • マッサージの後はぐっすり寝てくれました。
  • ベビーマッサージは構えず簡単に出来るのがわかり良かった。
  • ハンドマッサージに癒されました。          
  • ゆったりした時間をすごせて良かった。
  • 開催日/  毎週 木曜日
  • 時 間/  午前/11:00~12:00
  • 料 金/  一回につき、500円(オイル代等)
  • 対 象/  2ヶ月~ハイハイまで
  • 持ち物/  飲み物とタオルをお持ちください
  • 会 場/  子育てサロン「ぷくぷく」

高齢者の居場所とくらしの応援事業

個人や団体の活動支援で仕事おこし

スキルを生かした仕事おこしの場として個人や団体の活動をお手伝いする事業を行っています。

自分のスキルを生かして社会で役立ちたい、また業務委託のご相談など、お気軽にお問い合わせください。